HSC 子育て 敏感な子

HSCの子供 特徴は?

スポンサーリンク

ブログご訪問ありがとうございます!


人気ブログランキング


HSC(The Highly Sensitive Child) 人一倍敏感な子

うちの子供もHSCだろうな~っと気づいたのは 長男が5歳ごろでした。

 

それまでは HSCっという子供が存在することも知りませんでした。

 

うちの子は 赤ちゃんの時から とにかく泣く!

もちろん 赤ちゃんが泣くのは当たり前だとは 分かっていましたが それにしても 泣きわめく子供でした。

 

今思えば その片鱗は新生児の時からありました。

 

長男は 生まれてすぐ 黄疸が強く出ていましたので 光線治療をする事になりました。

 

保育器の中に赤ちゃんを寝させて 青い光を当て続ける治療なんですが うちの子は 保育器の中で ずっと大声で泣いてました。

 

他の赤ちゃんはスヤスヤ寝ているのに 我が子だけは ずーっと泣いてました(^^;

 

看護師さんも ちょっと苦笑いするくらい 保育器の中で 動きまわってました。

 

今思えば それが 敏感な特徴だったのかもしれません。

 

生まれてすぐ 母乳で育てていたのですが 私がおっぱいを加えさせ方が下手だったので ちゃんとおっぱいを吸う事ができず

乳首が切れて めちゃくちゃ痛かった時期があり その間 哺乳瓶でミルクをあげてました。

 

その後 私のおっぱいが張って痛くなってきたため 再度 私のおっぱいをくわえさせようとしたのですが 哺乳ビンに慣れてしまった息子は

私のおっぱいを吸う事を断固拒否!!

 

私は 母乳がどんどん作られて おっぱいがカチカチになり 痛くてしかたないので どうしても飲んでもらいたく 何度も子供に

おっぱいをくわえさせようと 試みるのですが めっちゃ大泣きして嫌がってました。

 

これも 今 思えば 敏感な子供なので 口の中の感触が変わることを嫌がってたんでしょうね。

 

 

とにかく 長男は 赤ちゃんの時から よく泣くし 人見知りも場所見知りもひどかったです。

 

私以外の人には なかなか懐かず 誰かに預けたくても預けなれなかったです。

 

どうしても 預けないといけない時 預かってもらう方に申し訳ないくらい ギャン泣き後追いしてました(^^;

 

HSCの子供はそうでない人より 敏感で感受性が豊かです。

 

不快な事に敏感で 自分が眠くなると不快になりますので ギャーギャー泣きました(^^;

 

よくテレビで ウトウト子供が寝落ちするシーンがありますよね。

 

うちの長男には それは不可能でした。

 

眠くなると ギャン泣き!!ほんとすごい泣いてました(^^;

 

「眠いんなら 眠ればいいじゃん!」っと思いますよね。

 

しかし 敏感な子供にとって 睡魔は不快なんです。

 

私は まだそのころHSCの事なんて 全く知りませんでしたので このギャーギャー泣く我が子に ほとほと参ってました。

 

泣かれるたびに 私のストレスはピークに(-_-;)

 

イライラしてはいけないと思ってても ついイライラしてました。

 

「子供は泣くことが当たり前!」

 

そうは 思っていても ギャーギャー泣く我が子に イライラMax!

 

手を出すことはしませんでしたが 他の部屋に行って 一時 泣く我が子を放置していたことも(-_-;) ゴメンナサイ・・・。

 

だけど やっぱり 泣き続ける我が子が 可哀そうになり 自分が冷静になってから 「ごめんね~」っと抱きしめ反省する毎日でした。

 

HSCの赤ちゃんは 他の子供よりよく泣きます。

 

病院で診察してもらうだけでも泣きます。

 

赤ちゃんの頃は 「なんて 育てにくい子供なんだ!」っと思ってました。

 

幼稚園に入っても 私から離れる時はギャン泣き。

 

これが毎日でした。

 

だけど 現在小学3年生になる長男は とっても優しくて素直な子供になってます。

 

HSCの特徴に

  • 大きな音が苦手
  • 光に敏感
  • 他人が怒られている事も自分が怒られているように感じる
  • 臆病
  • 消極的
  • 内向的
  • 痛みに敏感
  • ニオイに敏感
  • 触感に敏感

このような特徴があります。

 

男の子だし もっと積極的に行動してもらいたいっと思った時期もありましたが

今では 優しい性格の穏やかな長男に癒されてます。

 

(昔は癇癪持ちで 大変でしたよ)

 

今でも 疲れすぎたりすると 機嫌が悪く 怒りっぽくなる時もありますが

比較的 穏やかな性格なため 兄弟ケンカもあまりしません。

 

長男が弟を叩く事もほぼ無いです。うちの子のケンカは 穏やかだと うちの母からよく言われます。

 

HSCの子供は小さい時は育てにくいっと感じますが 成長すると むしろ育てやすい気がします!(^^)!

 

今では 我が子で良かった~っと思ってます♡

 

友だちもたくさんいます!

 

しかし 敏感な子供にとって 学校は刺激が強すぎる事も・・・。

 

昔は 1,2か月に1,2回は学校を休んでました。

 

HSCの子供を育てている時 HSCの気持ちをまずは親が勉強しなくてはいけないと思います。

 

HSCの子供は普通の人よりも敏感ですので 疲れやすい事を親が理解してあげましょう。

 

人よりも 気を使って生活しています。

 

「学校にいきたくない!」

 

っと言われたときは 最初は 「いけるんじゃない?」っと思ってしまってました(-_-;)

 

だって 熱もないですし・・・。しかし それは私のHSCの子育ての勉強不足!

 

うちの子は 1日か2日休めば その後は また元気に登校出来るようになります。

 

「休む癖がつくんじゃない?」っと言う人もいますが 私はそうは思ってません。

 

繊細な我が子を理解して 気持ちを共有してあげる事で 子供は親を信頼していきます。

 

もし 子供が「学校休みたい!」っと言ったとき ズル休みだと思わないでください。

 

自分の感覚とHSCの感覚は違う事を理解してあげることが重要ですね。

 

 

子供と親がしっかり信頼関係が築けると 子供は伸び伸びと育っていきます。

 

小さい時に自信を付けてもらった子供と いつもダメ出しされて育った子供とでは どれくらい大人になった時 差が出来るでしょうか?

そして どちらの方が 幸せを感じられるでしょうか?

 

HSCの子供は 「臆病」「怖がり」「消極的」「引っ込み思案」こんな子が多いです。

 

しかし これは持ってうまれた個性!

 

みんなが みんな同じ気質じゃありません。

 

いろんなタイプの子供がいて当たり前ですよね☺

 

どんな人でも 過ごしやすい世界に変えていくことが 私たちに人間に与えられた課題のような気がします。

 

HSCやHSPの人はとっても 優しい人が多いです。

 

相手を思いやる気持ちがある人たちです。

 

みんながみんなを思いやれる世界になるといいですね!(^^)!

 

 

 

 

スポンサーリンク

-HSC, 子育て, 敏感な子

Copyright© 子供の個性に合わせた子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.