子育て

超簡単!子供のやる気スイッチの入れ方!

スポンサーリンク

ブログご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加しています(^^♪

良かったら 応援のポチよろしくお願いします_(._.)_


人気ブログランキング


子供がなかなか 宿題(勉強)をしない お手伝いしない 家でゲームばかりしてい困る~!

いつも 口うるさく 言って やっと子供は行動したりしてませんか?

 

言わない方がいい!っとは分かっていても つい ダラダラ生活している子供に口うるさく言ってしまうのが親ごころ~。

 

子供に「早く 勉強しなさい!」っと言えば

「今からしようと思ってたのに!!」っと子供も不機嫌になったり~。

 

親としては じゃ~早く動いてよ"(-""-)"  っと親も子供もストレス"(-""-)"

 

うちが ついこの前までが そうだったのでよく分かります!

 

そんな 悩めるお母さんたちに ある簡単な方法で 子供が自ら動いてやってくれる

やる気スイッチがあるとすれば 試してみたくないですか?

 

私も この方法を実践して その効果に驚きです!!

 

子供のやる気スイッチが入ってしまえば 親が言わなくても 率先して動いてくれます。

 

では早速 そのやる気スイッチをご紹介!

 

用意するものがあります!

 

それは 紙とマジック(書くもの)

 

我が家は 子供がマジックが好きなので マジックを使っています。

 

この紙に やることリストを書いてもらうだけ!(^^)!

 

えッ!って思うでしょ!

 

だけど これだけでいいんです!

 

しかし やることリストを効果的に発揮してもらうためには ポイントが3つあります!

 

1つ目は 特に書く必要がなさそうな事でもリストに書いてもらう!です

本来は 勉強をやってもらいたいと思っていたり お手伝いをしてもらいたい事が目的でも

そのことだけをリストに書くのではなく

例えば・・・・ 顔を洗う 歯を磨く 着替える お風呂に入る ご飯を食べる 寝る

こんな 生活習慣も 書いてもらいます!

 

そして 実行出来たら 線で消していきます。

 

子供に小さな 達成感を味合わせる事が 最大のポイントです!

 

この 実行出来たら 線で消す事で 自分がやった事が視覚から入ってくることになります。

線を早く 消したい!っと子供のやる気スイッチが入るはずです!

顔を洗う事は 子供にとって そんなに苦労する事では無いので すぐにやってくれるでしょう!(^^)!

 

 

2つ目は 親もやることリストを一緒に作る!です。

 

子どもには 自分でやることリストも書いてもらい(まだ 字が書けないのでしたら 親が代筆します)

私自身も 自分のやることリストを書きます!

 

これによって 子供は親と一緒に出来る事に ワクワクするはずです。

 

私は やることリストに 細かく やることを書きます。

・茶碗を洗う ・トイレ掃除する ・料理する ・お風呂を洗う ・掃除機をかける ・庭掃除・・・etc

こんな感じで!(^^)!

 

すると 私のリストを見た子供から

「お母さん やることいっぱいだね~。俺がトイレ掃除と庭掃除はしようか~」なんて 言ってくれました!

 

これには 私は感動しましたよ!これは 狙ったわけではなく 突然 子供から 言われたので驚きました!そして めっちゃうれしかった~!

 

実際の写真☟

お母さんって仕事は たくさんする事が分かった長男君は 私の負担を少しでも軽くしてくれるために言ってくれたみたいです!

ちなみに いつの間にか トイレ掃除は 長男が毎日してくれることが 習慣になりました!

 

3つ目は 子供のやることリストに口を出さない!事です。

リストを作るときに 軽く助言はしますが 子供が自分で考えて作ったリストです。

やったら線で消す事に 快感を覚えた子供たちは あとは 自分のタイミングで 次にどれをしようか 頭の中で計画されています。

 

ここで親が「次はこれね~!これ早くした方が良いんじゃない?」とか言ってしまうと

せっかく やる気スイッチがONになっていたのが offに切り替わってしまいます。

 

親は 子供のやるきスイッチを 消さないようにしましょう!

 

 

この やることリストは 目につきやすいところに置いておくこともポイントです。

 

うちの子どもの場合 ゲームも大好きですので つい やることリストがまだ残っていても

ゲームやYouTubeに夢中になって やることリストの事を忘れてしまう事も(^^;

 

そんな時も 「もうやることリスト終わったの?」っと言うのではなく

 

私は自分のリストを持ってきて 子供の前で「お母さんは 掃除機かけるの終わったから 次はこれしよう!」っと

言って 線で消します!その行為を子供に見せます。

 

すると 子供は は!っと我に返ります(^^♪

 

そして また 思い出したように リストに書いてあることを実行し始めます。

 

 

大事な事は 子供に小さな達成感を感じさせ 楽しく クリアさせる事です!

 

我が家は このやることリストのおかげで 宿題もダラダラ生活も 改善されました!

 

親から言われると 子供はやる気がなくなります。

 

だけど 言わないと子供は動かなかったりします。

 

動かない やらない理由は 何をしたらいいか 分かってないからだと思います。

 

そこで 視覚から 情報を受け取ることで 子供は 何をすればいいのかが分かるため自分から動きだします。

 

子供のやる気スイッチは それぞれ違いますが 我が家はこれで 子供のスイッチをいれてます!

 

朝から リスト作成!

 

字が汚いですが こんな感じです!(^^)!

次男☟        長男☟

 

完璧にする必要はないですので 気軽に紙に書いて 出来たら消す!

 

寝る前に 全部線で消された紙を見て 子供は「自分 頑張った~!」っと思えるはず!

 

そして 思いっきり 親も褒めてあげましょう♪

 

楽しみながら続ける事で いつの間にか習慣になります。

 

ぜひお試しあれ~~♪

 

スポンサーリンク

-子育て

Copyright© 子供の個性に合わせた子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.