子育て 幸せ

敏感な長男の子供時代

スポンサーリンク

こんにちは^ ^コンブです。私のブログを見つけていただきありがとうございます♪ みなさんに読んで良かった〜っと思えるような記事を書いていきますので よろしくお願いします。

よく癇癪を起こして泣いていた長男の事を書いてみます。

同じように悩んでいる人の役立つ情報になれば 嬉しいです^ ^

赤ちゃんの時からよく泣いてました

人見知りだけではなく 場所見知りもすごい長男でした。とにかく 家からどこかに出かける時 私はビクビクしてた記憶があります(^^;

長男はチャイルドシートがとにかく嫌いでした!チャイルドシートに乗せる時も 一苦労です(^^;

背中をのけ反って 大泣き(^^; これだけで 私の体力と精神力は奪われます・・・。

おとなしく すんなりチャイルドシートに乗る 友だちの子供を見ては うらやま~っと思ってました。

 

チャイルドシートを嫌がらくなったのは 3歳くらいになって 簡易的なチャイルドシートに変えてからです!

敏感な長男は 寝たような状態で固定されることが嫌だったみたいです。

 

また 服もいつもと違う感じだと 怖がって着なかったりしました。

例えば 七五三の着物~

これはめちゃくちゃ 着せるのに大変でした。自分が着慣れて無いものに対して すごく敏感に反応してました。

5歳くらいまで 幼稚園も毎日泣いて登園でしたし とにかく慣れるまでに すごく時間がかかる子供でした。

 

少しずつ成長すればいい

そんな長男ですが 私が見えなくなれば 諦めるのか 幼稚園ではお友達と仲良く遊んでくれてました。

最初は こんな長男に 「将来 大丈夫なんだろうか?」「このまま 泣き虫になったら男の子なのに 大丈夫なんだろうか」っと本当に心配でした!

けど 結論から言えば 大丈夫でした!

今 小学4年生の長男ですが 随分成長しました。

今だに 人より ちょっと心配性のところはありますが それは 本人の慎重な性格でいい所だと思います。

 

ちょっと 子供時代は すぐに癇癪を起こしたり 慣れるまでに時間がかかって大変な時もありましたが そんな時期は長い人生の中で一瞬だけ!

成長は数値では見えませんが 確実に少しづつ成長をしていってます。

成長してるのか その時は分からないけど 今から1年前を比べると 随分成長している事に 気付きます(^^♪

3年生の4月のころの長男は 朝から学校に行く時間になれば 不安で吐き気 体調不良を起こしてました!

しかし 4年生の今の長男は 朝も元気に登校し なんと言っても 少年野球を自らしたいっと言うまでに成長しました!!

これには 私も旦那もびっくりです!

 

自己肯定感がやっぱり大事

敏感で泣き虫な子供は 自己肯定感が低くなりがちです。なぜなら 泣く事で 親から怒られてたり 慎重な性格がゆえに新しい事にチャレンジできず 友だちから置いてけぼりをされたりして 自信を失いやすい状況が多いからです。

しかし 私たちは めちゃくちゃ 褒めてました!

例えば 怖がって 前に進めない事があれば 「怖いのはしょうがないよね~。大丈夫よ!」っと出来ない事を否定しなかったり

ちょっと 出来たら「お~~!できたね!すごいね」っと褒めました。

運動が苦手な長男は 縄跳びもうまく飛べませんでしたが 私は「これは お母さんも出来ないかも~」っと一緒に出来ない事を楽しんだりしてました。

すると 長男は自然と 自己肯定感が高くなってきたのか 自分に自信を付けてきたように思います。

「出来なくてもいい!出来ない事は恥ずかしい事じゃない!」

そう思ってくれたんだと思います。

今が大事

敏感でよく泣いていた長男の将来を私が 勝手に不安になってたのがいけなかったんです!

本当は 子供は泣く事は普通だし 出来る事の方が凄い事なんです。

今の状況が未来も同じ状況ではないですね!

 

大事な事は 子供に自信を付けさせることです

自分でもそうですが 「なんで出来ないの??こんな簡単な事できてあたりまえだよ!」なんて言われたら 自分に自信を無くしてしまえませんか?

親は叱咤激励のつもりで言ってても それは逆効果になりますよね!

それよりも 今 出来る事だけを褒め チャレンジしようとしたことを褒める!

 

先を先を見るのではなく 今の子供が出来る事を褒めてたら 本当にうちの長男は少しずつ変わってきました(^^♪

 

子供と親の信頼関係を

子供にとって親は 絶対的な存在です!子供の幸せが私の幸せですし 私が幸せそうにしていれば 子どもは安心してノビノビ成長してくれると思ってます。

長男は私になんでも相談してくれます。困った時は私に 助けを求めてきます。

学校の給食で牛乳が飲めなかった長男!

1年生の頃は 少しでも 飲んでみてっと言ってました。練習させました。

しかし やっぱりどうしてもダメだったんです!

だから私は 学校に相談しました。うちの子供には牛乳を配らないように出来ないかと・・。

こうやって 親は自分の味方をしてくれるっと思ってくれる事で 子供と親の信頼関係は築けます。

 

大事な事は 子供の意見を否定しない!

子供の言った事を肯定してあげる事で 自己肯定感は高くなります。

 

敏感で臆病な子は 慎重で優しい子

敏感な子は 人の嫌がる事をしません!

うちの子は敏感なので 自分がされて嫌な事はしませんので イタズラなんかしません。

人の悪口も言いません!

そのおかげで 友だちは多いです!(^^)!

間違って 友だちのおもちゃを壊してしまった事とかはありますが それもちゃんと報告してくれます。

親が 怒ってばかりだと 子供は素直に話さない子になるんじゃないでしょうか?

泣き虫でもいいじゃん♪

よく泣く子供は 感受性が豊かな証拠ですね!(^^)!

幼稚園時代は ほぼ毎日 泣いて登園していた長男でしたので たまに泣かずに行ける日は感動でした(笑)

朝から 泣く子は お母さんが大好きなんだと思います♪

可愛いですよね♡

うちの子は今でも 私の事が大好き~っと言います(笑)何年生まで言うのかな~?

さすがに もう別々に寝てますが 寝る前は ハグしにきます♪

 

親を頼ってくれる時期なんて ほんと 長い人生のほんの一瞬!

 

大きくなってしまったら もうこんな体験できませんからね~~!

子育ては悩む事も多いですが やっぱり子供がいるから 私の人生は楽しい事がたくさん増えました♪

今の悩みが ずーっと続く事は無いんだなぁ〜っと思います^ ^

 

今 自分が出来る事は 子供にたくさんの愛情を与える事です♪

 

そうすれば 子供は大きく成長してくれますね^ ^

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったら応援のポチをよろしくおねがいします♪
人気ブログランキング

スポンサーリンク

-子育て, 幸せ

Copyright© 幸せに生きるためのレシピ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.