HSC 敏感な子 親育て

学校に行きたくないと言われたら?

スポンサーリンク

ブログご訪問ありがとうございます!


人気ブログランキング


子供が 朝から 涙流しながら 「学校に行きたくない」っと言われたらどう対応しますか?

 

まさに 今日の我が家!

 

長男 昨日の夜から様子はおかしかったんです。

 

「明日 学校行きたくないな~」「勉強が嫌だな~」

 

寝る間際に ぽろぽろ泣きながら言ってきました。

 

「勉強が分からないの?」っと言っても 「違う・・」っと。

 

そして 朝から 起こしにいくと 泣きながら 「学校に行きたくない」っと大泣き。

 

理由を聞いても 「勉強が嫌だ」しか言いません。

 

もう こうなってしまうと 長男は絶対学校にいけません。

 

そこで 私は 「じゃ~今日は休んでいいから。でも 月曜日には行こうね」っと言いました。

 

しかし 長男は「嫌だ~」っとまた 泣きだしました。

 

いつもなら 1日休んだら 次の日は行けるっという長男ですが 今日はダメ!

 

なんか 学校で嫌な事や不安になることがあったんだろうな~っとは思いましたが この時までは はっきりした理由はわかりませんでした。

 

子供が 「学校に行きたくい」っと言われた時 あなたはどっちタイプ?

1.無理矢理 行かせる(病気じゃないんだからっと言って)
2・行くように 諭す
3・行かないでもいい言う

 

私は 以前は1番タイプの親でした。

しかし 1番のように 無理やり行かせようとして 行ったためしはありません。

むしろ これは 私も子供もストレスを感じただけ。

 

親は自分の思い通りにしたくて 子供に命令します。

しかし 子供は頑なに拒否します。

そうすると 親は 自分の思い通りに子供が動いてくれないことに ストレスがたまりイライラします。

子供は親に心を閉ざします

この1番を選択することは 誰も幸せにはなりません。

 

昔の私は 子供の気持ちなんて考えない 自分の考えを子供に押し付ける事しか頭にない ダメダメ親でした。

 

2番を選択する人は 子供の気持ちを理解してあげようとしてますが 結局は自分の気持ちを押し通しています。

 

もちろん 行くように諭すことで 子供の気持ちに変化がでる様でしたら それは正しい選択だったのかもしれません。

 

しかし 子供が学校に行きたくない理由が分からない場合 諭して学校に行っても 子供の行きたくない理由は解決できていないため

学校で苦しい気持ちで過ごしているかもしれません。

 

今日の私は 「分かった!今日はもう休もう」っと言いました。

 

そして 連絡袋の中に入っている 連絡帳に先生へ休むメッセージを書こうとしたとき

「学校にいきたくない」理由がわかりました!!

 

その連絡袋の中に 国語のプリントが入ってたんですが その授業内容が

 

【自分で物語を考えて作ろう】って事でした。

 

長男 国語の文章力はあまりなく これが 長男のプレッシャーになっている事がわかりました。

 

そこで 長男に「国語の授業が嫌なの?」っと聞くとビンゴ!

 

どうやら 学校が嫌いな理由と勉強が嫌な理由が判明!

 

そこで 私は「完璧にする必要はないんだよ。100点とろうとしなくていいんだよ!30点でもいいんだよ!」っといいました。

 

すると その言葉を聞いた長男は 少しホッとしと表情になり 涙が止まりました。

 

繊細な我が子ならではの 「学校行きたくない」発言だと思いました。

 

多分 普通の子供でしたら な~んとも感じない問題だと思います。

 

しかし うちの長男は 人よりも敏感で繊細です。

 

こんな 些細なことでも 学校に行きたくなくなります。

 

その後 先生から 電話があり 昨日の国語の授業の様子を聞くことが出来ました。

 

うちの子は 作文用紙に ダーーーっと書いて 早く終わって先生に見せに行ったそうです。

 

しかし ダーーーっと書いてますので 字が汚すぎて 先生が「きれいに書き直してきて!」っと言ったそうです。

 

それが 長男にはショックで 落ち込んだそうです。

 

もちろん先生は うちの子供にだけ 字をきれいに書きなさいと注意したわけではなく 他にも字が汚かった子には

同じように 書き直しをするように言ってたようです。

 

子供が学校に行きたくない理由は必ずあります。

 

理由も聞かずに ただ「学校に行きなさい!」っと言っても それは単なる親のエゴでしかありません。

 

学校に行きたくない理由を聞いてあげる事が 登校拒否を防ぐ事になります。

 

 

その行きたくない理由を聞きだすことに 焦ってはいけません。

 

親は 「学校に行きたくない」っと言われたとき 「え~~どうして?なんで?」っと親も少しパニックになります。

 

私がそうです。

 

朝から 「学校行きたくない」っと言われたとき 今でも ドキドキしちゃいます。

 

しかし ここで 親はど~~んと構えておきましょう!

 

私の場合 「きた~~~!私の問題!」っと思ってます。

 

 

子供にいかに 寄り添ってあげられるか?

自分の思い通りに子供を操らないように 意識して接します。

 

朝は 仕事にもいかないといけないし ゆっくり子供の事にかまってあげられないって人もいると思います。

 

だから 余計に焦って 行きたくない理由を聞き出そうと脅迫めいた言い方をしたりしてませんか?

 

子供が学校に行きたくない理由は必ずあります。

 

朝から ゆっくり時間がとれないなら その日は とりあえず休ませて 夜 しっかり話を聞いてあげましょう。

 

この 子供との時間をちゃんと取ることで 将来 子供の成長に大きく差がでます。

 

 

忙しい事を理由に 子供に向き合う事をしないでいると 子供はドンドンもっと手のかかる子供に成長します。

 

生活していくために お金を稼ぐために 子供の為に 働いていると思います。

 

しかし 子供は 「今」しか分かりません。

 

親が一生懸命働いてるのは 自分たちのため 何てわかりません。

 

それよりも 「今の自分」を見て欲しいと思っていますし 今の苦しみを共有して欲しいと思ってます

 

学校に行けない子供が最近増えているそうです。

 

だから 子供が学校に行きたくないっと言っても 親はパニックにならないでください。

 

うちの子が 学校に行きたくないと泣いたとき もちろん 私も ドキドキします。

 

だけど 子供に無理やり学校に行かせる必要は無いと思うようになりました。

 

子供からのSOSを 見て見ぬふりをしないで 受け止めて上げてください。

 

 

行きたくない理由があります。

 

理由を聞いて そして 子供と一緒に どうしたほうがいいのか話し合ってください。

 

必ず 問題の解決法はあります。焦ることはないです。

 

敏感な子供は 少しの変化やプレッシャーで学校に行けなくなることがあります。

 

今は 学校も理解ある指導者が多いです。

 

子供と親だけでは解決できない時は 先生に相談することも大事です。

 

私は 何度 学校に相談に行ったかわかりません(笑)

 

そして 連絡ノートにも たくさん書いてます(笑)

 

今の担任の先生には 感謝しかありません。

 

学校は 行った方がいいですが 行きたくても行けない子供もいる事を 社会にもっと知ってもらいたいです。

 

周りから 「甘やかしてるから そうなるんだよ」

 

こんな事をいう人がいたら 自分とは価値観が違うんだな~っと思えばいいだけです。

 

親も不安になります。もちろん私も 不安に感じる時もあります。

 

しかし 大事な事は「今」の長男を見る事!

 

「今」が苦しんです。

 

今の苦しみから逃れる事に 「学校を休む」選択肢を選んでもいいと思います(^^

 

親なら 子供の苦しんでいる姿が見たくないですよね。

 

今日 学校をお休みした長男は 今は元気です。

 

今日の授業でするはずだったことを 家でさせました。

 

長男は 素直に取り組んでくれました。

 

今 出来る事をすればいいんです。

 

子供と親がちゃんと向き合って 乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク

-HSC, 敏感な子, 親育て

Copyright© 子供の個性に合わせた子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.