子育て 親育て

子供の落書きやイタズラなどの問題行動の心理とは?

スポンサーリンク

ブログご訪問ありがとうございます!


人気ブログランキング


おはようございます!

この前 うちの長男 自分の部屋にあるクッションに マジックで落書きをしてました。

他にも 壁紙をはがして破ってたり・・・

どうして 怒られると分かっているのに そんな行動をしてしまうのでしょうか?

子供の問題行動の原因は?

子供の問題行動も 悪化すれば犯罪に繋がる事も・・。

子供が大人を困らせる様な行動をする背景には 親にかまってもらいたいからっという心理も隠されています。

 

うちの子の落書きも もしかすると寂しさからしてしまったのかもしれません。

それか つい出来心からしてしまったのかもしれませんが・・

 

親をわざと困らせて 自分に気を向けさせよとする心理があるといいます。

 

子供は親が 自分を見てくれてないと感じると わざと問題行動を起こす事も!

 

もし問題行動を繰り返すような事があったら 自分自身が子供との接し方に問題がないか 確認してください。

 

子供を変えるより自分を変えた方が解決が早い!

全然 言う事を聞いてくれなくて困る!

何度も 注意しても治らない!

 

そんな時は 自分が子供とどう接しているか 振り返ってみましょう。

 

子供としっかり向き合ってますか?

子供を甘やかしてませんか?

 

とくに 弟や妹ができた お兄ちゃんが問題行動をする場合 かまって欲しい事が多いです。

今まで 親の愛情を一身に受けていたのに 急に お兄ちゃん扱いで 叱られることが多くなったなど・・

 

人の心理で 人間は小さい生き物の方をかわいがる傾向があります。

 

私も 平等に接しているはずですが つい 次男の方を 可愛がってしまってることも^^;

 

これが お兄ちゃんには面白くないですよね!

 

そこで 問題行動に繋がってしまう可能性が考えられます。

 

子供を注意す前に 自分はちゃんと子供と向き合っているのかを確認です。

そして 自分にちょっと 思い当たることがあれば 改善していくことですね!

叱り方 注意の仕方

とは言っても 問題行動をそのままにしておくことはいけません!

では どうやって子供に注意していけばいいのでしょうか?

 

それは 対等な立場で注意する!

 

子供相手だと つい上から目線で注意してしまいます。

つまり 高圧的な態度であったり 命令形であったり

 

これは 実は注意をしているようで 自分の怒りの気持ちを子供に発散しているだけです。

 

これでは 子供は 「怖い」っということしか頭に入ってこず 注意をされているとは思ってません。

 

もし 自分が他人から注意をされたとき 高圧的に言ってくる人がいれば

「この人 感情的になり過ぎて 怖い!」「やばい人」っと思いますよね。

 

これと同じで子供に注意する時 感情的に怒っていては 正直 怖さしか残らないと思います。

 

怖さで 子供を思い通りにしようとすることは 脅しと同じです。

 

子供にも それぞれ 言い分があるはずですが 聞く耳を持たない親には

言い分は 言い訳にしか思えず 余計ヒートアップして 怒りだしてしまいます。

 

そうなれば 子供はもう 何も話す事も出来ず 子供の心に ただ黙って聞いていれば いつか収まるだろう。っと

自分の意見を言えない子供になってしまいます。そして 我慢する子供になります。

 

親は子供の保護者ですが 独裁者のようになってしまってはいけません。

 

子供の問題行動の根底には 寂しさがあるかもと思って 親子で問題を一緒に解決していきましょう。

 

問題は自分

相手に してもらいたいっと思う前に 自分が変わるべきです。

見方を変える!

 

問題の解決方法は 相手を変えるのではなく 自分の意識を変える事です。

 

子供が 全然 言う事を聞いてくれない!っと思うかもしれませんが

 

逆に 子供からすれば 親は自分の話を全然聞いてくれない!っと思っています。

 

見方を変えて 相手の立場になって考えてみましょう。

 

親の言い分ばかり 言ってませんか?

子供の言い分を聞いてあげてますか?

 

お互いが 妥協点を見つける事です。

 

お互いが 納得するように話し合いをする事で 問題は解決すると思います。

 

この 子供との会話が より良い親子関係を築いていくと思います。

 

親の一方的な考えばかり 押し付けるから 子供は反発します。

 

人は 自分の意見に反対する人の 話を聞き入れようとしません。

 

自分の話をしっかり聞いてくれる人には 心を許します。そして 信頼していきます。

 

子供だからと 子供扱いするのではなく 子供にだって 自分の考えがあるんです。

 

それを無視すれば 親子関係は最悪な事になるでしょう。

 

小さな問題を子供が小さいうちに 親子で解決していくことが

大人になった時 差が出てくると思います。

 

子供が小さいうちは 親の高圧的な態度(強制)でも 言う事を聞いてくれたかもしれません!

 

しかし その方法で 子供を思い通りにしていたとすれば いずれ子供は 反抗してきます。我慢の限界です!

反抗期で 手が付けなれなくなる前に 問題はあったはずです。

 

親子の会話って 本当に大事です!

 

子育ては すぐには 結果が出ませんが 小さいころからの 積み重ねが 大人になった時に現れますね!

スポンサーリンク

-子育て, 親育て
-, , ,

Copyright© 子供の個性に合わせた子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.