子育て 敏感な子 親育て

子供が生まれた時の気持ち

スポンサーリンク

ブログご訪問ありがとうございます!

よかったら応援のポチをよろしくおねがいします♪
人気ブログランキング


子供が生まれて 大声で泣いてくれた時

「元気に生まれてきてくれて良かった〜!」

っと感謝しました。

 

しかし その最初気持ちって だんだん薄れてきてませんか?

 

元気に育ってくれればいい!

 

それだけを願っていたはずなのに・・・

 

 

元気でいる事が 当たり前になると 人はマヒしてきて どんどん 子供に対して 欲が出てきます。

 

運動神経がいい子になってもらいたい

頭がいい子になってもらいたい

どんな事にも積極的に行動できる子になってもらいたい

 

 

他人と比べだし 他の子よりうちの子は優秀とか劣ってとか・・・

 

最初に生まれてすぐの我が子を抱いた時は

 

元気に育ってくれたらいい!

 

そう思ってたはずなのに 段々 期待しすぎてしまいます。

 

水が飲める事が当たり前の時は 水のありがたみを忘れてしまいます。

健康が当たり前の時は 体を動かすことに 感謝はしません。

 

しかし いざ その当たり前のことがなくなった時 人は改めて その大事さに気付きます。

 

この世に 当たり前の事なんてなにんですよね。

 

全て 奇跡で尊い存在なんですよね。

 

 

子供は元気に育ってくれる事が親の何よりも喜びのはずなのに もっともっとと 欲求します。

 

子供に過剰に期待しすぎます。

 

健康で元気に学校に行って たくさん遊んで たくさんいろんな人と関わって 少しずつ成長していけばいいんです。

 

あれもこれも欲張りすぎると 親も子供も その欲求が叶えられないと苦しみますね。

 

その子 その子で 出来る事や苦手な事や得意な事は違います。

 

それを全て 親は受け入れて 認めてあげる事ですね!

 

 

うちのお兄ちゃん かなり臆病です。

 

新しい事にチャレンジすることも なかなかしません。

 

つい 私は なにかスポーツをさせようと 色々な運動を勧めるのですが ことごとく 嫌がります。

「やってみよう!」って思わないようです。

 

それよりも 自分は 出来ないと思う~っと思うよです。

そんな お兄ちゃんに つい 「する前から 諦めて どうすると?やってみらんと分からんたい!」っと言ってしまいます。

 

だけど お兄ちゃんにとって 新しい事にチャレンジするって 相当の勇気がいるみたいなんです。

 

私はどちらかと言えば ガンガンチャレンジしていきたいタイプだったので そんなお兄ちゃんにもどかしさを感じてしまって

つい 強い口調で チャレンジすることを勧めてしまいました。

 

これでは うちの子には逆効果なんですよね~。

 

子供にも それぞれタイプがありますので 親が 応援すれば やる気を起こす子もいます。

 

うちの下の子は 応援すれば 頑張るタイプ!

 

しかし お兄ちゃんは違います。

 

プレッシャーを感じてしまうようで ダメなんです。

 

だから 子育ってて難しいですよね。本の通りにはいきません。

 

 

けど 大事な事は 元気に子供が育ってくれる事

 

今は 元気に朝から学校にも行ってくれるし お友達とも仲良く出来てます。

 

 

それが 当たりになってしまってたから つい チャレンジさせてみたくなってました(^^;

 

子供が自ら やりたい!っといってきた時は 全力で応援してあげたいと思いますが

無理に今 何かをさせることは なんのプラスにも ならないんですよね。

 

また 子育ての初心に戻って やっていこうと思いました!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-子育て, 敏感な子, 親育て

Copyright© 子供の個性に合わせた子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.