自己啓発

大人になりきれてない大人

スポンサーリンク


育児日記ランキング

ランキングに参加してます(^^)応援のポチ よろしくお願いします♪


子供の時は 感情のまま 泣いたり 怒ったり 時にはひどい癇癪を起すこともあります。

 

それは まだ 子供の脳が未熟だから 自分の感情をコントロールできないから仕方ない事です。

 

そんな時は 子供の気持ちに寄り添い 落ち着く方法を見つけてあげましょう。

 

大体は 時間が経てば 落ち着き 話を聞く事も出来るよになります。

 

では 大人はどうでしょう?

 

大人は もう 自分の感情のまま行動することをしてはいけません。

 

それは 子供と違って コントロールする方法を分かっているからです。

 

イライラしても その感情をそのままぶつける人は まだまだ未熟な大人です。

 

しかし 以外と大人でも 感情のまま行動する人がいます。

大人の短気は罪です!

 

私はそう思います。

 

気分が悪い事をあからさまに出す人がいます。

 

これは 自分の周りに余計な敵を作ることになります。

 

そして そんな短気な人には 寄り付きたくありません。親切な事もしてあげたくなくなります。

 

すると余計 短気な人は 疎外感を感じ 周りを敵対視してしまいます。

 

これって悪循環ですよね。

 

自分が短気だと 分かっている人ほど厄介です。

 

だって 短気ってわかっているのに それを治さないのですから。

 

周りから 煙たがられていることを 気づいてないんでしょうね。

 

しかし 残念なことに いくら周りから 短気なところを治した方がいいといわれても それは 余計 火に油を注ぐようなもの。

 

自分が変わろうとしなければ 変われません。

 

自分で自分の人生を生きにくいものにしているのです

 

 

全ての行動の責任は自分にあります。

 

自分が 人に対して感謝の気持ちがなければ 未来はどうなるでしょうか?

 

今の行動の結果が 未来でわかります。

もし 今までの自分が思い通りの人生では無いと思ったなら それは 自分が過去に選択してきた結果です。

 

自分にすべての選択肢はあります。

 

大人は 自分の行動に責任を待たなければいけません。

 

この世界では 人に感謝することで 自分も幸せになれます。

 

だから 感謝されることを たくさんしている人が 幸せになれる人です。

 

今一度 自分の行動を見直し 人に感謝しながら 生きていこうと思います。

スポンサーリンク

-自己啓発

Copyright© 子供の個性に合わせた子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.