子育て

夜驚症だった長男

スポンサーリンク

こんにちは!今日は長男が 4歳~小学入学前までに起こしていた 夜驚症について書いていきます!

 

夜驚症(やきょうしょう)とは、睡眠中に突然起き出し、叫び声をあげるなどの恐怖様症状を示す症状のことである

長男が 夜驚症を始めて起こした日は 今でもよく覚えてます。

夜驚症を初めて起こした日は 日本脳炎の予防接種の日でした。

 

注射は大人でも あまり得意ではありませんが 子供は もっとストレスを感じるのでしょうね。

 

長男は 注射が大嫌いでしたので 特に ストレスを感じていたのかもしれません。

 

予防接種の後は普通に過ごし いつも通りの日常を過ごしました。

そしていつも通り夜の9時半過ぎには布団に入って眠っていたのですが

たぶん 23時前 ぐらいに突然 ムクっと起き出し

「お母さん〜!お母さん! うぇ~ん! お母さん!」っと 何度も私を呼びながら 部屋の中を バタバタ動き周り そして 大泣き!

私は突然の出来事に びっくりして

「お母さんいるよ!どうした?ほらっこっちおいで~」っと

抱きしめようとするのですが

本人は全くは私の存在には気付いてない様子。

 

「お母さん!うぇ〜ん!お母さん!うぇ〜ん」っと

大泣き!大泣きっていうか 大絶叫!!

 

私を探しているようですが 私が抱っこしようとしても 拒絶!

 

どうすることも出来ず 私は オロオロ・・・

 

そして 約10分くらい 部屋を泣きながらグルグル周り 大泣きしたと思ったら 急にまた 布団に横になり ヒックヒックしながら 眠りにつきました(*_*)

 

あまりにも 突然の行動に本当に驚きました!

何かに 怯えるように 泣いていまいた。

 

 

次の日の朝 長男に 夜の出来事をはなしたんですが

 

「え~~嘘だ~!」っと

全く覚えていませんでした。

 

その日を境に 長男は連続7日間 布団に入って1時間後ぐらいに 大絶叫と大泣きを繰り返すようになりました。

 

あまりにも 毎日続くのでさすがに心配になりました。

 

今は なんでも インターネットで調べられますの 早速 検索~

すると まさしく 夜驚症 でした!

 

子供の脳の発達がまだ未熟なために起こる 睡眠障害っと分かり いつの間にか 治るっとは説明がありましたが 毎日 毎日 大絶叫する息子に 相当心配になりました。

 

 

そんな長男が5歳の誕生日を迎えた1週間後 大きな病気(川崎病)にかかってしまい 入院しないといけない事に。

 

その時 私は 入院中に夜驚症が起こったらどうしようっとヒヤヒヤ。

 

しかし 入院中は長男 一度も夜驚症を発症しませんでした。

入院は7日間しましたが 一度も夜驚症のような症状は現れませんでした。

 

大部屋だったので もしも夜 大泣きして バタバタ暴れだしたら どうしよう~!

点滴もしてるし 大丈夫かな〜っと思っていた 私の不安は大はずれ^ ^

 

長男なりに 病院に気を使ったのか?入院生活で 相当ストレスは感じていたはずなんですが・・

 

もしかして 夜驚症が治った!!

な~んて思っていましたが  やっぱり 家に帰った途端 夜驚症 起こりました^^;

 

夜驚症をなぜ起こすのか?

 

長男は 敏感な所がありますので 人よりも 日中 幼児園での生活が 刺激的すぎるのか?

 

寝る前に 癒しの音楽をかけてリラックスさせてみたり 好きな絵本を読んでみたりしました。

 

夜驚症の回数は減ってはきてましたが なかなか 治らない夜驚症に

 

もしかして うちの子 発達障害?

 

そんな 気分にまでなりました。

 

そんな夜驚症がまだ治ってなかった長男に更なる 試練が〜!

いや 別に試練では無いのですが

 

年長さんになると お泊まり保育がありますよね!

 

うちの幼児園は お泊りキャンプに毎年いきます。

 

担任の先生には もちろん夜驚症の事は説明しました。

先生は

「大丈夫でしょう!多分 めいいっぱい遊ぶから 夜はみんな ぐっすり眠るはずです」

っと先生がおっしゃってました。

 

しかし私は 疲れた日や興奮する事が多い時こそ 夜驚症が出やすかった気がするので 内心

「ヤバイかも〜」っと思ってました。

 

お泊りキャンプ当日 長男はルンルン♪

 

私から初めて 離れて夜を過ごす事になるのですが 思いのほか 他のお友達と 一緒に過ごせる事を 喜んでいました。

一泊二日のキャンプ

次の日のお昼過ぎには 帰ってきます。

 

「どうだった?」っと長男に聞くと

「また行きたい〜!キャンプ楽しかった〜♪」っと

嬉しい声が聞けました。

 

そして 先生にも どうだったかをお尋ね〜

すると

「夜 ギャーっと大泣きしました(^^;;

だけど お母さんに聞いてたから良かったです!

これか〜っと思いました〜!」っと言われました。

 

やっぱり 夜驚症でたようです(^_^;)

 

ギャーギャー泣くので 先生がおんぶしたり 抱っこしたりしてくれたそうですが 長男 体を反り返して 抵抗していたそうです。

 

そして 20分ぐらいで落ち着いて 寝てくれたようです。

 

幸い 長男の ギャン泣きでも 誰一人 他の園児は起きなかったそうで 良かったです。

 

 

どんなに 楽しくっても 敏感な長男には 刺激があったのでしょうね(^^;

 

もちろん 本人は夜驚症を自分が起こしていることなんて 全く気づいてません。

 

約 夜驚症は 2年位続きました。

 

そして 少しずつ 夜驚症の回数が減ってきて

小学校 入ってから 年に何回か 起きてウロウロする時もありましたが やっぱり 脳が発達してきたんでしょうね。

あまり 大絶叫したり大泣きする事はなくなりました(≧∀≦) 良かった~~!

 

今 3年生になりますが たまに ムクっと起き上がり 寝ぼける事もありますが 以前のようなに泣く事は無くなりました(^^)

 

子供は少しずつ 成長していくもんなんですね!

 

長男は敏感な子なので 他のお子さんよりも 若干 育てにくいっと感じる事が有ります。

 

しかし 性格は本当に優しいです。

 

 

いつかは治りますので もし 今 夜驚症で悩んでいる親御さんがいらっしゃったら 「大丈夫ですよ!」っと 声をかけてあげたいです♪

 


育児日記ランキング

 

 

スポンサーリンク

-子育て

Copyright© 子供の個性に合わせた子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.