子育て

うちの子供たち

スポンサーリンク

こんにちは!今日から うちの子供の記録を書いていきたいと思います!

タイトル通り うちの子供たちは 他の子供に比べると とても敏感です。

二人兄弟ですが 兄は現在小学3年生 弟は小学1年生。

 

特に 長男が敏感です。

赤ちゃんの時から 育てにくい子供でした。

 

とにかく 泣く!!

チャイルドシートに乗らない!!

 

今は その時の苦労は 懐かしい思い出ですが 当時の私は 相当長男の子育てに 疲弊してました。

 

初めての子育てでしたので 苦労はしましたが 我が子はやっぱり可愛い♡

 

よく泣く長男を 赤ちゃんだからこんなもんだろうっと思ってやりすごしてましたよ♪

 

だけど お出かけする時 本当に憂鬱になってました。

 

なんせ チャイルドシートに乗りたがらない(^^;

 

乗せようとすれば 体を 反り返して 抵抗!

 

無理矢理 チャイルドシートに乗せて 車を走らせていても

車の中では ギャーギャー大泣き(^^;

 

運転しながら あまりにも大泣きするので 途中で過呼吸みたいになったりして 慌てて車を止めて 対応したことも。

 

とにかく よく泣く子供でした。

 

私の姿が見えなくなると 泣く!

 

義母に預けて ちょっとお買い物しようとしても 義母のお手上げ状態のギャン泣き・・。

 

今 思えば 相当 育てにくい子どもでした。

 

あまりにも 私から離れられないので 2歳半の時に 幼児園に入れる事にしました。

 

このままでは 私以外の大人に 懐かなくなるのではないかと心配になり

 

いろんな人と 関わった方が 鍛えられるのかと思ったからです。

 

 

入学式の時は 私もいますし 特に問題なく終了~。

 

問題は 次の日からです。

 

初日は 子供が慣れるまでは 1日2日は 親同伴で午前中までの保育でした。

 

親は 少し離れたところから 観察するのですが もちろん我が子は 私から離れません!

 

離されそうになれば ギャン泣きです(^_^;) そうなると手が付けなれなくなるから なるべく泣かさないように対応してました(^^;

 

先生たちは 慣れているようでしたので そこまで 無理やり引き離すことはありませんでした。

 

しかし 他の子供たちは 親から離れて ちゃんと 椅子に座って 先生との交流を楽しんでいるのにうちの子は・・・。

 

ちょっと その時 やっぱり お利口さんな子供たちと比べてみちゃいましたね(^^;

 

みんなが 一斉に トイレに行くことになっても 我が子は いきませんでした。

 

入学してすぐは まだおむつを履いていても良かったので うちの子供は トイレトレーニングもその日はしませんでした。

 

給食の時間も 私から離れる事はできず そして何も食べなかったです(^^;

 

そんな感じで 入学して1日目が終わりました。

 

そして 2日目・・・・

 

他の子供のお母さんたちは もう 子供だけで過ごさせるというので 私も 思い切って 一人にさせてみる事に!

 

子供が ちょっと離れた隙に ササっと帰りました。

 

先生も 「お母さんがいると 甘えてしまうので そっちがいいです」っと言われたので・・。

 

給食が終るころに お迎えに行きました。

 

すると 先生から

「今日は 水も一滴もなまなかったです。? 今までの子供で 一切 口に何も入れなかった子はいなかったから・・・大丈夫ですかね・・」っと

 

なんと 先生から 不安な声がでるほど・・・。

 

 

水さえも飲んでくれなかった 我が子を これからお預かり出来るか 不安な様子でした。

 

しかし 「多分 徐々に慣れてくるとは思いますので 明日も連れてきてくださいね!」っとおっしゃってくれました。

そして 次の日・・・・

 

もう 知恵がついた長男は 幼児園の服を着てくれなくなりました(^^;

 

これを着たら 連れていかれる!!っと思ったのでしょうね~。

 

しかし 私は もちろん 連れて行きましたよw

 

パジャマのまま 幼児園に到着!

 

長男 泣きながら 行きたくないっと訴えてましたが 幼児園の駐車場に着くと 嫌だ~っと泣きながらも 素直に 幼児園のユニホームに腕を通してくれました。

そこは 本当に長男に感謝ですよ~!なんせ 車の中でのお着替えって とってもしにくいもんなんです(^^;

 

お着替えを 車の中ですることが これから 年中さんまで続きましたよ(笑)

 

長いでしょ~~(^^;

 

とにかく 長男は 環境の変化や 着るものや 食べ物に敏感に反応してました。

 

今では あの幼児園での大変な記憶が 良い思い出になってることに 驚いてます(笑)

 

だから 今 苦労されてる方も 今だけです~っといいたい!(^^)!

 

 

しかし 当時は私もノイローゼ気味になってたのも事実!

連絡帳に

子供のお迎えの時間になると憂鬱になります・・。

こんな事 書いてました(^^;

 

 

長男が2歳の時に 下の弟が生まれたのですが 私が入院中は 私の母が面倒をみてもらわないといけないと思ってたので(旦那は 帰りが遅いのであてにならないので)

 

うちの母に懐いてもらうために 出産前1か月は 実家にずっといました。

 

そのおかげで 私が 入院中は 長男は ばぁばぁと二人でも 全然いい子だったそうです。

 

だから うちの母は長男がそんなに 敏感な子供だとは思ってないそう・・・。

 

長男なりに ばぁばぁに気を使ったのか・・・?それとも 弟が生まれると 感じたのか・・・?

 

そこは スムーズにいけたので良かったです。

 

長男の事ばかり書いてますが 弟も少し問題あります。

 

お兄ちゃんほどでは ありません!(^^)!

 

むしろ赤ちゃんの時なんかは とっても育てやすくて 私は感動しました(^^♪

 

こんなに 育児がラクだと感じた事が無いくらいでした♬

 

しかし 2歳になっても 言葉が全然でてきませんでした。

 

弟も2歳半ぐらいで 幼児園にいれたのですが 「せんせい」も「ママ」さえも 言いませんでした。

 

「ママ」っといったのが 2歳8か月くらいでした。

 

同じ 音の言葉さえも出ない・・。心配しました。

 

3歳後半で やっと 言葉らしい事をいいだしました。

 

それまで 検査などもあり 要観察でしたが 特に 訓練とかはしませんでした。

 

しかし さすがに年長さんになっても 言葉が 赤ちゃんぽいし 何を言ってるのか分からないこともあったので

 

療育を1年間 通いました。

 

弟も 自分の言葉がみんなに伝わりにくい事を 理解しているようで あまり 知らない人には 積極的にお話はしません。

 

それは 現在もです。

 

私や家族 仲良しのお友達とは バリバリお話します。

 

しかし 言葉が不明瞭な事がありますので 「え?」っと聞き替えされると もう話さなくなります(^^;

 

 

そんな 個性的な子供二人を育てている ごくごく普通のお母さんです。

 

子育てしながら 自分も 育ててもらってます。親育てですね!(^^)!

 

これまでの この二人にエピソードを綴っていきたいと思います!

 

どうぞよろしくお願いいたします(^^)

 


育児日記ランキング

スポンサーリンク

-子育て
-, , ,

Copyright© 子供の個性に合わせた子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.